スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まあ駄文だけど

読み合いって何さ
所謂対戦ゲーで良く言われる読み合いって凄い難しい言葉で
まあいってしまえば相手が何をしてくるか考えて最適解を自分が出しましょうってこと
波動打ったら相手飛ぶから飛んだとこを昇竜で落とすってのから始まり(まあこれは見てからやるんだけど
小パン一発ガードしたら投げられるか低ダで固めてくるか云々
サンダーだしたら相手がカイリキー出てきたからスイクンに交換するか電磁波打つか否か
まあそういう感じで。


統計とか人読みとか言うなら勿論確率高い行動はあるんだけどそれをやってくるとは限らないわけで
そういうときにリスクリターン考えてリカバリーの聞く行動を取れる奴が本当に読み合いが上手い奴だと思う
1点読みを通さなきゃいけない状況ってのはまあ当然あって
AVA的に言うとポイント内にC4落としてて自分一人しか居ないときとか
こっちサンダー一匹しか居ないのに目の前にスイクン控えにライコウいたら電磁波撃つしかないし。
あたりまえだけど将棋とかチェスとかオセロとかでも無い限り相手から得られる情報が少なすぎて
読み合いとか突き詰めたら運ゲーなわけで。←結論。
読み勝ち負けどうこう言うなら強いキャラで強い行動で作業するのが間違いなく読み勝ってる振り出来るって思う
逆に言うと作業度の高いゲームほど読みの重要性は薄くなるよね。ひデブとか顕著。
あのゲーム作業出来る組み合わせ多すぎて基本作業する側とされる側だし
される側も作業から外れると勝てないから作業してくるし。

自称読み合い強い系の方々は弱キャラ使うの辞めて最強キャラ選んでから読み合いしましょう
オススメですよ

コメントの投稿

非公開コメント

可愛い女の子と恋愛小説の朗読を1ページずつ交互に繰り返す様を想像したよ、読み合い。

ちなみに鉄拳における読み合いはもう死んでると思うんだ。
あれはもう手を出したら負けの域。

Re: タイトルなし

鉄拳は何か技をガードさせた時点でセットプレイだからね
読み合いっていうか超密度の高い刺し合いという名のぶっぱなし合いが主流

恋愛小説の朗読とか死にたくなる行動のTOP10に入りそう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。