スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎日の学校行き帰りのバスや電車の中で本を読んでる人って少なくないと思う


まあ俺もそんな人種の一人なわけだが

なんでこんな話してるかって言うと


本が無い。
と言うか金が無いと言うのだろうか

300ページ前後の小説だと学校までの往復二日くらいで読み終わっちゃうんだよね

だから長いやつ買うんだけど、分厚い=高いってことなわけで。
学生のお財布にはきついものがあるわけですよ。


誰かぼくに本かってくれないかなぁ^~^

コメントの投稿

非公開コメント

通学中の電車の中では寝てました。
現在、実家に帰省する際の電車の中でも寝てます。
高速バスでも同じです。

 俺の場合、乗っている時ではなく、
乗り継ぎや乗車待ちなどの微妙な時間に読みますね。
それだと薄い小説でも長く持つように感じますし、
寝てしまっては大変な事になるので重宝してます。

 小説は内容が好みであれば長編でも読みますが、
昔から算数とか数学の教科書は見ただけで眠れます。

「競馬四季報 」
美浦・栗東所属全現役馬のデビューからの全成績を収録。さらに、OP・準OP馬については、各馬の特長を簡潔にまとめた「ポイント」も掲載。厩舎別・父馬別の一覧もついた、馬券検討には欠かせない一冊です。
01年秋号まで関東・関西版に分かれて発行しておりましたが、02年冬号より全国版1冊に統一されております。

約2000ページです。高校時代の僕の愛読書でした。学校には教科書持っていかなかったけど、コレだけは常にどの時間でも、机の上にありました。
コレを参考に自分が馬主や生産者になったときの配合妄想もできるので2度おいしいですよ。

>>プルァ
俺行き帰りの時間読んだ本そのまま寝る前とかにも読んじゃう人なんだよね

短いと持たない持たない。

そんなわけで京極夏彦買って来ました
1600ページくらいあるから読み応え抜群。

>>瀧さん
お前はとりあえず競馬から離れればいいと思うよ

高校のとき図書館の本読んでたy
卒業のときまでに100冊読んだら
図書券くれるってんで頑張ってみたy

>>蒼ち
いける範囲にある図書館の本を
夏休みに3日ほど通って50冊ちょい読んだら図書券もらったのでいいです^~^

なんだtt

本、新聞、漫画等読んでる奴の40cm以内に張り付いて一緒に読む
これが経済的、しかも毎日内容も違うぜ

僕は噂の頭いい人と悪い人の話方という本を買ったのですが最初の2~3ページ読んであきらめた僕はやっぱり人生の負け組みですか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。