スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のVIP

レイプの為にVIPに潜入するレミリア。
だが、それは魔理沙の巧妙な罠だった。

「レミリアのゲージは 私に崩される為に築いてきたんですものね」
「いつもの力が出せれば…こんな魔理沙なんかに…!」
「よかったじゃないですか JKのせいにできて」
「んんんんんんんっ!」
「へへへ おい、オーレリーズソーラーシステムを用意しろ。みんなでボーダークラッシュをやる」
(耐えなきゃ…!!今は耐えるしかない…!!)
「レミリアの生ガイーンゲ~ット」
(いけない…!前ダッシュの隙が割れるようになってるのを悟られたら…!)
「生レミリア様の生セルフクラッシュを拝見してもよろしいでしょうか?」
「こんな奴らに…くやしい…! でも…感じちゃう!」(ビクッビクッ
「おっと、垂直ジャンプに当たってしまったか。甘いぶっぱクレイドルがいつまでもとれないだろう?」
それからレミリアは後から侵入してきた咲夜らによって救出された

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。