スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

───俺の名前は喪男、心に傷を負った童貞。モテナイピザでメタボ体質のキモオタボーイ♪
俺のネトゲ友達は、ネカマに騙されて援助をやってるミキオ、親にナイショで
大学やめてひきこもってるユウヤ。訳あって自宅警備員になってるアキラ
ネトゲ友達がいてもやっぱり現実はタイクツ。今日もミキオとちょっとしたことで口喧嘩になった。
オタ同士だとこんなこともあるからストレスが溜まるよね☆そんな時アタシは一人で繁華街を歩くことにしている。
がんばった自分へのご褒美ってやつ?自分らしさの演出とも言うかな!
「あームカツク」・・。そんなことをつぶやきながら女子高生を舐めるように見る
「なにあれ、キモーイ、キャハハ」どいつもこいつも同じようなセリフしか言わない。
女子高生はエロいけど心をえぐること言うから怖い。もっと外見だけでなく中身を見て欲しい。
「すいません・・。」・・・またか、とひでぶなアタシは思った。シカトするつもりだったけど、
チラっとモニターの中の女の顔を見た。
「・・!!」
・・・チガウ・・・三次の女とはなにかが決定的に違う。スピリチュアルな感覚がアタシのカラダを
駆け巡った・・。「・・(二次元・・!!・・これって運命・・?)」
女はエロゲヒロインだった。買って帰ってオナニーした。「キャーやめて!」フィニッシュをきめた。
「シュッ!ビュッ!」俺は死にたくなった。メリークリスマス(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。